West Mebon  西メボン


西メボンは人工の島である。アンコール地域最大のバライ、西バライの真ん中にある。島には寺院の遺構がわずかに見られる。 遺跡内にある井戸から発見された青銅製の巨大なヴィシュヌー神像(写真左)は傑作である。
※「横たわるヴィシュヌー神像」:国立博物館(プノンペン)蔵。
   
West Mebon in West Baray from ATR-72 approaching to Siem Reap Airport.
シェムリアップ空港に接近する飛行機から見た西バライと西メボン。バライの北方向からの撮影である。
Our small boat is approaching to West Mebon.
我々の乗った小船はゆっくりと西メボンに近づく。
Small gate tower and a part of surrounding wall of the temple.
島に残る唯一の遺構は、周壁の一部と門の部分の塔のみである。
decoration of Gate tower.
塔門上部の装飾。
Window of surrounding wall.
周壁に見られる連子窓。
Decoration of the surrounding wall.
周壁上部の装飾。
Surrounding wall.
わずかに残る周壁の一部。
West Baray and Phnom Bakheng (left).
西メボンから見る西バライ。左端にプノムバケンの丘が小さく見える。
水際にはかつて寺院の一部であった砂岩のブロックが見られた。

top