Trapeang Daun Mea  トロペアン・ドン・ミア


アンコールトムの中央付近に位置する王宮の背後に隠れるようにして、広い池がある。そこに至る道は深いやぶを分けていく、人ひとり通るのがやっとの細道だった。
トロペアン・ドン・ミアと呼ばれるその池では、地元の人たちが魚を取ったり蓮を育てたりしているらしい。池の東寄りの北と南の岸には、それぞれ寺院があったらしいが、その付近とおぼしき場所を歩き回っても、レンガのかけらがあちこちに見られるだけだった。しかし深い森に囲まれた静謐な池の風景は、なかなかに忘れがたいものがあった。
  
From west gate of Angkor Thom, we took narrow path to the northeast into the forest. after 15 mibutes, we arrived to an open place. Now we are on the south edge of a big pool, Trapeang Daun Mea.
アンコールトム西門から小道を北東に進んでいくと、15分ほどして開けた場所に出た。そこがトロペアン・ドン・ミアである。
Trapeang Daun Mea is a big pool behind the royal palace. once connected to west baray by a waterway.
トロペアン・ドン・ミアは大きな池である。王宮の西側に隠れるように存在し、かつては水路によって西バライと結ばれていた。

 
We could find no one but villagers who are fishing in the pool.
現在は訪れる人もない。数人の村人が水の中に立って漁をしているのが見えた。
Most of the surface of the pool is coverd by water plants.
水面の大半は水草で覆われている。

Angkor Thom - top