Ta Som タ・ソム

 
ジャヤタターカの東の岸辺にあたる位置にある、比較的小さなバイヨン様式の仏教寺院遺跡である。アンコール地域にはジャヤヴァルマン七世によって作られたバイヨン様式の仏教寺院が多数あるが、タ・ソムもそのひとつだ。その建設は12世紀終わり頃である。道路側(西側)に人面のある小さな塔門(外周壁上にある)があり、ここを入って進んでいくと、かつての環濠跡を超えて内周壁の西塔門にいたる。更にその先には回廊があり、その中央に中央祠堂がある。一般には回廊の周囲を歩いて見て歩くことになる。雰囲気のいいこじんまりした遺跡だ。更に森の中を東に歩くと外周壁の東塔門がある。東塔門の上部には木がからみついている。周囲は森であり、付近の散策は気分がいい。天気のいい日には木漏れ日がとてもきれいだ。

Face tower at the west side of the outer wall from west. today, this face tower is the main entrance to visitors.
大回りルートの道路から見るタ・ソムの外周壁西側の人面塔。道路よりも低い位置にある。
West gopura from east.
内側(東)から見る西楼門。
Central sanctuary from south.
南から見る中央祠堂付近。
passage between central sanctuary and eastern face  tower. light and shadow is impressive.
中央祠堂と東側の人面塔の間の道。木洩れ日が美しい。
Eastern face tower  from east.
東側から見た東側人面塔。樹木がからみついている。
回廊の開口部。砂岩のまぐさ・側支柱とラテライトの壁面の対比が美しい。ラテライトと砂岩の材質の違いがよくわかる。
Devata
デヴァター。

top