Ta Prohm - Trees タ・プローム - 榕樹

      
タ・プロームの雰囲気を特徴づけているのは、いたるところに見られる榕樹の巨大な姿だろう。榕樹は大変に樹高の高い樹木であり、頂上の部分を除いて枝がない。白くなめらかな樹皮が不気味にも感じられる。その根は寺院の石材の間に入りこんで、肥大化しながら遺跡を破壊していく。タ・プロームはその広大な内部のすべてが森であり、昼間でも薄暗い感じのある場所である。キーキーとするどく鳴く鳥の声も不思議な雰囲気を強調している。
   

back