Phnom Bok  プノム・ボック


プノムボックはアンコールにある4つの聖山のひとつである。小山の上に3つの砂岩でできた祠堂が南北に並んでいる。いずれの祠堂も上部が崩壊しているが、壁面の保存状態は良いと言える。遺跡のある場所は樹木が繁り、眺望もない。丘は内戦中は戦略拠点となり、現在でもこわれた野砲が見られる。
   
Phnom Bok from East Mebon.
東メボンから見るプノムボック。
Approaching to Phnom Bok from west.
西から見たプノムボックの丘。プラダク村を経て更に東に向かい、バンテアイサムレ付近を経て更に東進すると丘が見えてくる。
Central tower (right) and south tower (left) on the hill.
樹木の繁茂した丘の上に、砂岩でできた祠堂が3つ並んでいる。
Central tower from east.
正面から見る中央の祠堂。壁面にはデヴァターが見られる。
3 towers on the hill. south tower(left), central tower(center) and north tower(right).
3つの祠堂の基部。南祠堂(左)、中央祠堂(中央)、北祠堂(右)。
3 towers  from south.central tower(center) and north tower(right).
南側から見る3つの祠堂。
Lintel of central tower.
中央祠堂のリンテル。
relief on the wall of sanctuary.
祠堂壁面のレリーフ。
Devata on the wall of sanctuary.
祠堂壁面のデヴァター(部分)。
North library.
北側の経蔵には樹木が根を下ろし、枝を張っている。
Entrance of south library facing west.
北側橋蔵の入口付近。
Small holes on the wall of north library.
北経蔵壁面に開けられた穴。通気と採光を兼ねていた。
View from the top of the hill.
頂上からの眺望。

top