Krol Romeas クロル・ロメア


だ円形にラテライトのブロックを積み上げた競技場のようなかたちをした遺跡。ロメアとは「犀(さい)」を意味する。 遺跡自体の用途は不明である。
楕円形のラテライトの囲いの東西には開口部がある。内部にもラテライトのブロックが散乱していて、なんらかの構造物が存在したように見える。
この遺跡からは有名な石像(写真左)が発見された。これはジャヴァルマン7世の肖像であると考えられており、現在はプノンペンの国立博物館に展示されている。
行き方:アンコール・トムの北門を出て少し行くと標識がある。


クロル・ロメア平面図(概念図)


楕円形の周壁の上から内部を見る。
周壁内部。ラテライトのブロックがちらばっている。
内部から見る。左端の開口部は東側の入口と思われる。
内部から見ると壁面に一定間隔で縦にくぼみがある。ここに木製の棒状のものを立てたのかもしれない。

top