Khleang クリアン

 

象のテラスの側から見ると、勝利の門への道をはさんで、南北一対の細長い建物がプラサート・スール・プラットの背後(東側)に隠れるように立っているのが見える。これがクリアンである。建設の年代は10世紀末から11世紀はじめにかけてで、ジャヤヴァルマン五世およびスールヤヴァルマン一世の治世である。南北ふたつのクリアンはどちらの建物も細長くて、天井は既に落ちている。用途はよく分かっていない。いずれの建物も連子窓が立派だ。北クリアンは西側に砂岩のテラスを持ち、建物の裏側(東側)には小規模な祠堂群がある。南北のクリアンは建てられた年代が違い、ひとつの計画によるものではないらしい。背後には森が迫っている。
多くの人が訪れる王宮前広場にあるにもかかわらず、訪れる人は少ない。行きやすい場所にあるので、足を伸ばしてみるのもいいだろう。

  
South Khleang from west.
南クリアン西面。王宮前広場に面している。
West wall of North Khleang from southwest.
北クリアン西面。王宮前広場に面した側である。
West wall of North Khleang.
北クリアン西面。連子窓が並ぶ。
Windows of north Khleang.
北クリアンの連子窓。West wall of North 
Windows of north Khleang.
北クリアンの連子窓。West wall of North 
Main entrance of north Khleang.
北クリアンの中央入口。
Main entrance of north Khleang.
北クリアンの中央入口。

Angkor Thom - top