East Mebon 東メボン


類似した外観を持つピラミッド型寺院、プレ・ループに先立つ952年に、同じくラージェンドラヴァルマン王によって建設されたヒンズー教寺院遺跡である。ネァック・ポアン(ジャヤタターカの中)、西メボン(西バライの中)、ロレイ(インドラタターカの中)などと同様、巨大な貯水池である東バライの中央に建設された。
道路に面した東側入口から入っていくとラテライトでできた基壇部が高いことに気づくが、それはこの建造物が人工の湖(バライ)の中の島であったためだ。また正面のラテライトの石段が階段とは思えないほど大きな石が積み重なっているのは、ここがかつて船着場だったからで、ロリュオス遺跡群にあるロレイの入口付近と同様の構造になっている。
ラテライトの基壇の上にレンガの祠堂が並ぶスタイルで、全体として赤茶けた印象がある。基壇部の大きさは東西
126メートル、南北121メートル。四隅には砂岩でできた象が立っている。
基壇上にある外周壁は東西
108メートル、南北104メートル。外周壁には東西南北の四方向に塔門がある。外周壁の内側には細長い建物が並んでいる。その内部には、ラテライトの基壇があり、周囲には低い周壁(内周壁)をめぐらしている。このレベルには、八つのレンガの小さな塔堂と五つの経蔵が配置されている。その中心には更に基壇があり、このレベルには中央祠堂と四つのレンガの塔堂が立っている。
レンガとラテライトの素材感、平面構成ともプレ・ループによく似ている。リンテル
(まぐさ)と小側柱には灰色の砂岩が用いられている。
東メボンを見るとき、まず、アンコール期のレンガを主材料とする建築のひとつの到達点と考えることができる。この場合、サンボール・プレイ・クックなどのプレ・アンコール期のレンガ建築からの変遷を念頭におき、一方でプレ・ループなどのほぼ同じ時期の巨大建築との比較をすると面白い。もうひとつ、バライの中に建設された宗教施設として見る、という視点もある。この場合は、ネァック・ポアン、西メボン、ロレイなどを念頭に置くことになる。建築様式はプレ・ループ様式で、プレ・ループ、バット・チュムなども同様式に属する。

laterite wall of East Mebon.
基壇部はラテライトブロックを積んで造られている。この部分はかつては水の中に隠れていたはずだ。
east entrance was a PIER when east baray was filled with huge water.
かつては東の入口は船着場だった。そのため、ここは現在は階段ではなく単に大きなラテライトブロックが積まれているにすぎない。
East gopura from east.
東から見る東楼門。
PIER from south.
南から見る「船着場」。
Central towers from south.
東から見る中央祠堂群。いずれもレンガで造られている。
Central towers from south.
東から見る中央祠堂。
An elephant on the 1st level.
第1階層の四隅に立つ象は実物大だと思われる。
獅子の像。
連子窓。

top