Beng Mealea  ベン・メリア

     

アンコール・ワットの建設前の、11世紀末から12世紀初頭にかけて作られたヒンズー教寺院である。アンコール・ワット様式の建築で、アンコール・ワットよりも多少小さいが、それでも有数の大規模遺跡である。環濠は幅45メートル、周囲4200メートルもあり、その内部にアンコール・ワット同様、三重の回廊と十字回廊を持つ。最も外側の回廊は東西181メートル、南北152メートルの規模を持つ。その内側の回廊の東側には一対の経蔵が、南側には外側の回廊との間にすっぽり納まるように二つの回廊状の建物があり、東西の基軸に対する平面構成上の対称が破られている。
寺院の平面構成は基本的にアンコール・ワットに似ているが、内側に向かって高まっていく山岳型寺院ではなく、平面展開である点が大きな違いだ。また一般的なクメール寺院同様、東が正面になっている。回廊の窓に見られる連子は、他に見られないほど太く大きい。また全体に壁面装飾がほとんどなく、重厚な雰囲気がある。デヴァターの姿もほとんど見ることがない。デヴァターの有無が寺院の印象にずいぶんと大きな影響を与えていると実感する。
寺院の東側からは400メートルほどの長さの参道が続いていて、その西半分は歩くことができる。東半分はヤブの中だ。参道は部分的にクメールアーチを持つ橋になっていて、下を小川が流れている。またところどころにプレア・カンの参道脇に見られるような境界石が倒れているのが見える。
  参道の東端には東西約1500メートル、南北約1000メートルのバライが接している。このバライは水が涸れており、その内部は耕地になっている。バライの中心には祠堂があったが現在はほとんど消失している。バライの堤防上の南東角にはプラサート・コン・プルクと呼ばれる遺跡がある。遺跡はラテライトのピラミッド型で、周囲にはラテライトの周壁がある。祠堂北側には砂岩のテラスがある。バライの南側堤防の中央付近から南側に150メートルほど離れた地点にはプラサート・チュレイと呼ばれる祠堂がある。
遺跡はプノム・クーレン丘陵の南東に位置しており、かつてはアンコールの中心部と王道で結ばれていた。環濠北西端付近にはアンコール地域の寺院建設に用いた良質の砂岩の石切り場(オ・トマ・ダップと呼ばれる)もある。
ベン・メリアは失われた古代都市とでもいうような雰囲気の漂う魅力的な遺跡だ。遺跡の大半は森に飲み込まれていて歩くこともままならない。繁茂する樹木のために、あたりは暗く重々しい雰囲気が漂う。崩れかけた暗い回廊内を歩くのは不気味でもあり、強い印象を残すだろう。最近訪問者が増えているとはいえ、いまだに残存地雷があり、それも思いもかけない場所に埋設されていることがある。アンコール・ワットやアンコール・トムあたりとは安全性の面でまったく違うことを肝に銘ずるべきだ。

the following pictures were taken in September 2002.
Naga along south causeway(left). Moat viewed from south causeway(center). Naga along south causeway(right).
南参道入口付近にあるナーガ(左)。 南参道から見る環濠(中)。南参道途中にあるナーガ(右)。
 
South gopura from south(left). south side of outer gallery(center).
南塔門(左)。南塔門から東に続く回廊の外側の景観(中)。
 
Terrace of south gopura from north.
南塔門前にあるテラスは大きい。
   
Terrace of east gopura.
東塔門のテラスを南側から見る。側面にはアンコール・ワットのように円柱が並ぶ。
Outer gallery from northeast (left). east side of inner gallery (center). south library from east (right).
一番外側の回廊の南東角付近から見る回廊南側の内部(左)。同じく南東から見る第二回廊東面付近(中)と南経蔵(右)。
 
Boundery stone along eastern causeway (left).  some part of east causeway is a bridge (center).
東参道脇には境界石が倒れている(左)。東参道の一部はラテライトの橋のような構造になっている(中)。
Prasat Kon Phluk is a amall temple located on the southeast corner of the Baray. east gate and its lintel.
 
surrounding wall of Prasat Kon Phluk is laterite (left). my friend prayed there before we take lunch (center).
Prasat Kon Phlukにはラテライトの周壁がある(左)。遺跡で昼食を取る前、一緒に行った友人は精霊に祈りを捧げた。
 
the following pictures  were taken in July 2000.
broken gallery.
回廊の屋根の落ちた部分。回廊の内部は真っ暗だが、こわれた屋根を通して光が入ってくる。
 
I took the adventurous route on the roof.
回廊の屋根を歩きながら下を見下ろす。ベンメリアは森に侵食された遺跡である。あたり一面を樹木と草が覆っていて、地面にあたる部分を歩くのは困難を極める。そのため、我々は回廊の屋根を伝って忍者のように歩くはめに陥った。
 
My guide and soldiers.
回廊に沿って進む私のガイド(左)と警備の兵士。中央の兵士は肩からサブマシンガンを下げている。遺跡は崩壊がはげしく、また樹木が茂っているので、回廊の縁石の部分を歩いて行く。
 
Windows.
回廊の連子窓を構成する連子は、他の遺跡に比べてかなり大きく太いものだ。重厚な印象を与える。また回廊には装飾はほとんど見られない。
   
Decoration on the pillar of the gallery.
回廊の柱の上部の装飾。
 
散乱した石材が苔むしている。石材を運ぶのに用いた穴には、草が芽吹いている。かたつむ りもいた。
   
回廊壁面には装飾的なレリーフはほとんどない。遺跡が厚な印象を与える理由のひとつだろう。
   
Gallery with no roof.
屋根の落ちた回廊。
 
(may be) library.
経蔵と思われる建物。建物の内部には、大量の石材が散乱している。
 
On the way back, I found a very impressive Devata.
帰路、ある遺構の側壁にデヴァターを見つけた。ベンメリアはデヴァターを見ることの少ない遺跡だったので、新鮮に感じられた。デヴァターを刻んだ石材は割れ、そして、ずれていた。静謐な瞬間がそこにあった。

top