Angkor Thom  アンコール・トム

 
アンコールトムとは、城壁と環濠に守られた巨大な都城である。12世紀後半、ジャヤヴァルマン7世により、第4次ヤショダラプラの都として造営された。一辺が3キロの正方形(正確には北側3096メートル、南側3070メートル、東側3031メートル、西側3036メートル)で、周囲の城壁はラテライトで作られており、高さ約7.5メートル。周囲の環濠は幅100メートル、深さは5ないし6メートル程度。
アンコールトムは、プノムクーレンからトンレサップへと高度を下げていく北東−南西の基軸上に位置する。そのため、北東角が高く南西角が低い。その高度差は現在で約10メートル。この高度差を利用して北東角から環濠の水を取りこみ、城内を流れて南西角のベン・トムに溜まり、ここから環濠に排出された。
都城
の中心にはバイヨン寺院がある。5つの城門があり、それらには木製の扉があって夜には閉じられたという。内部には木造の王宮があって王が住み、また多数の寺院と溜池があった。ちなみにアンコールトム(大きな都)とはのちになってつけられた呼び名である。
 
  Baphuon バプーオン  
  Bayon バイヨン アンコール・トムの中心にある大寺院。大レリーフと四面塔で有名。
  Mangalartha マンガラルタ アンコール期最後の建設とされる小寺院。
  Gates of Angkor Thom 城門 アンコール・トムには5つの城門がある。
  Kleang クリアン 王宮前広場東側に立つ一対の建物。
  Laterite Wall 城壁 アンコール・トムはラテライトの城壁で囲まれている。
  Moat 環濠 アンコール・トムを取り巻く水濠。
  Prasat Chrung プラサート・チュルン アンコール・トムの周壁の四隅に立つ小寺院。
  Preah Palilay プリア・パリライ 王宮北側に位置する遺跡。
  Preah Pithu Group プレア・ピトゥ 王宮前広場北側に位置する遺跡群。
  Prasat Suor Prat スール・プラット 王宮前広場東側に並ぶ計12の塔。
  Royal Palace 王宮 バイヨンの北、王宮前広場の西にある。
  Royal Square 王宮前広場 王宮の東側に広がる広場。閲兵などに使われたという。
  Trapeang Daun Mea トロペアン・ドン・ミア 王宮西側にある広大な池。
  Tep Pranam テップ・プラナム 王宮北側にある。仏教テラスのひとつ。
  Terrace  of the Elephant 象のテラス 王宮前広場に面して続く長大なテラス。側壁には象のレリーフ。
  Terrace of the Leper King ライ王のテラス 王宮北側に位置する。側壁には無数のデヴァターが、テラス上には「らい王」と伝えられる男性の坐像がある。
  Western Prasat  Top 西プラサートトップ バイヨンの西方の森の中に立つ小さな寺院遺跡。
  Small Ruin 名称不明の遺跡  

top