a boat trip to Phnom Da (Sep 2001)  プノム・ダーへの船旅(2001年9月)

 
Takeo is a port town only in wet season.
雨期の間だけタケウは港町のような風景になる。プノムダーへは小さなエンジンボートを
チャーターしていく。距離は20キロほどだ。
sunken trees can be seen on the way to the island. We saw people on a boat  who take
rest under a tree.
タケオを出てしばらくの間は冠水した樹木が見られる。ある木の下にボートが「停泊」してい
るのが見えた。休息しているのだろうか。
プノムダーに行く途中の風景はすばらしいものだ。広大な水面と空しか見えない。
波ひとつない滑らかな水面をボートは高速で走り、やがて両側に葦のような植物の繁る
水路へと入っていった。
水路の先に小島が見えてくる。この小島がプノム・ダーの丘だ。更に近づくと、この島が水
没した丘であることがはっきりわかってくる。全体が森でおおわれ、その頂にこれも緑に
おおわれた大きな寺院が立っている。
丘の頂から東の方を見ると、広大な氾濫原の光景がひろがっていた。ここからベトナム国境
まではいくらもない。
プノム・ダーの丘には民家があり、人々の生活が営まれている。家畜が水際を歩き、こども
たちが遊んでいる。強い日差しの下で、その光景はしごく平和に見えた。
島からの帰り道、正午の太陽の光はますます強まり、島の姿はあっというまに小さくなってゆく。

Phnom Da - top