Koh Ker (Jan 2002) コー・ケー (2002年1月)


928年、ジャヤヴァルマン4世は都をアンコールからKoh Kerに移した。Koh Kerには国家寺院としてプラサートトムが築かれ、また多数の寺院や貯水池(The Rahal)が築かれた。しかしKoh Kerに都が置かれた期間は短く、ジャヤヴァルマン4世が941年に没するとその子ハルシャヴァルマン2世の短い治世を経てラジェンドラヴァルマン2世の時代(944年)に都は再びアンコールに戻ることになる。現在のKoh Kerは森に飲み込まれた遺跡であり、そこに至るには長時間の悪路と地雷の危険を覚悟しなければならない。

(注)最新の状況については、2004年の記録、コーケー2004をご覧下さい。


the outer gopura
& libraries
第四周壁の塔門から
経蔵へ


Prasat Kraham
to the 2nd enclosure
プラサート・クラハムから
第二周壁へ


buildings
inside the 2nd enclosure

第二周壁内部


Pyramid temple
ピラミッド寺院

 


Prasat Neang Khmau
(south of Prasat Thom)

プラサート・ネアン・クマウ

 

         map of Koh Ker temple site
        


       
                           

Original shape of the pyramid temple of Prasat Thom.
(click image to see larger image)

CAUTION: there are landmines in & around Prasat Thom still now, so stay on the road or on a well-worn pathway carefully. most of ruins except Prasat Thom and Prasat Neang Khmau are also dangerous at the time of writing this text (feb 2002).

注意:プラサートトムおよび周辺遺跡には多数の地雷がある。ひとが通っていることが明確な道すじから決して出ないこと。 遺跡周辺の林にも地雷が埋設されている。
       

Dangrek Range viewed from the top of the pyramid temple
ピラミッド寺院から見るダンレック山脈の山なみ

   

top