Angkor Wat バンテアイ・プレイ・ノコール


Banteay Prei Nokor(バンテアイ・プレイ・ノコール)はコンポン・チャム近くに位置する都城遺跡で ジャヤヴァルマン二世の最初の都とされる。平面は正方形でその大きさは一辺2.5キロ。 周壁は土塁で、高さは5〜7メートル程度、幅は15〜20メートル程度だ。 土塁の周壁と環濠はジャヤヴアルマン1世によって築かれたという。
左の図では幅100メートルの環濠が描かれているが、実際に環濠が存在したかどうかは異説がある。
 
Citywall
周壁
Prasat Preah That Thom
 
Prasat Preah That Toc
 

top