2010.01.03
カンボジア王国の祝祭日(2010年)
1/1 インターナショナルニューイヤー; 1/7 解放記念日; 1/30 ミァック・ボーチャ(万仏祭); 3/8 国際婦人デー; 4/14-16 カンボジア正月; 4/28 ヴィサカ・ボキア (釈迦の誕生、啓蒙、死去を記念する日); 5/1 メーデー; 5/2 聖畝祭 (王室による耕作の儀式); 5/13-15 シハモニ国王誕生日; 6/18 モニク王妃誕生日; 9/24 憲法記念日; 10/7-10/9 プチュム・バン; 10/29 シハモニ国王戴冠記念日; 10/31 シハヌーク殿下誕生日; 11/9 独立記念日; 11/20-22 水祭り; 12/10 国際人権デー
2007.11.20
カンボジア王国の祝祭日(2008年)
1/1(正月);1/7(解放記念日);2/21(ミーク・ボキア);3/8(国際婦人デー);4/14-16(カンボジアの旧正月);5/1(メーデー);5/13-15(国王誕生日);5/19(ヴィサカ・ボキア);5/23(聖畝祭);6/18(モニク王妃誕生日);9/24(憲法記念日);9/29-10/1(プチュム・ベン);10/29(シハモニ国王戴冠記念日);10/31(シハヌーク殿下誕生日);11/9(独立記念日);11/11-17(水祭り);12/10(国際人権デー)
2007.3.23

アンコールワットのライトアップ開始
〜Angkor Light Show & Sound〜 毎週火金土の18:30〜22:00。入場券は西参道入口チケットブースで購入。$15。西参道から入場、第一回廊を右回りに一周。
2007.2.24
シハヌークビル空港オープン(再開)、PMT航空がシェムリアップ〜シハヌークビル線運行開始
シェムリアップ→シハヌークビル:月水金の週3便、1600発1700着。シハヌークビル→シェムリアップ:月水金の週3便、1730発1830着。
カンボジアの祝祭日(2007年)

1月1日(日) :インターナショナルニューイヤー/1月7日(日):解放記念日/1月8日(月):振替休日/2月2日(金):万節祭/3月8日(木):国際婦人デー/4月14日(土)〜16日(月):カンボジア正月/4月17日(火):振替休日/5月1日(火):メーデー、仏誕節/5月5日(土):聖畝祭/5月13日(日)〜15日(火):国王誕生日/5月16日(木):振替休日/6月18日(月):モニク前王妃誕生日/9月24日(月):憲法記念日/10月10日(水)〜12日(金):プチュン・バン(お盆)/10月29日(月):シハモニ王即位記念日/10月31日(水):シアヌーク前国王誕生日/11月9日(金):独立記念日/11月23日(金)〜25日(日):水祭り/11月26日(月):振替休日/12月10日(月):国際人権デー
シェムリアップ航空フライトスケジュール(2006/11/01-11/30)
[PNH-REP]
FT990 0800-0855
FT992 1045-1140
FT994 1330-1425
FT996 1820-1915
[REP-PNH]
FT991 0925-1015
FT826 1000-1040
FT993 1210-1300
FT995 1630-1720
FT827 1945-2035
2006年9〜12月の祝祭日
9月21日(木)〜23日(土):
プチュン・バン(お盆)
9月24日(日):憲法記念日
9月25日(月):振替休日
10月29日(日):シハモニ国王即位の日
10月30日(月):振替休日
10月31日(火) :シハヌーク前国王誕生日
11月4日(土)〜6日(月):水祭り
11月7日(火):振替休日
11月9日(木):独立記念日
12月10日(日):国際人権の日
12月10日(月):振替休日
2006年3月
ATM稼動
シェムリアップでATM稼動。24時間稼動が2台、05:00〜24:00稼動が3台。設置場所:コンビニ、ANZ BANK、CANADIA BANK。VISA・MASTER可。
2006年2月
[重要] IC旅券導入
平成18年3月20日からIC旅券申請受付を開始。
詳細

国道6号改善工事
シェムリアップ〜ポイペト間の道路舗装工事開始。詳細
2005年11月
在名古屋カンボジア王国名誉領事館開設
名古屋市中村区鴨付町2-47 中村ビル1階 電話052-419-3006
。ビザ発給業務等を行う。
2005年4月
カンボジア正月
4月13日、14日、15日の三日間。

2005年3月
新空路
アシアナ航空4月1日から仁川〜シェムリアップ線就航。週2便。
2004年11月
入国審査
プノンペン、シェムリアップの両空港からの入国時に顔写真撮影始まる。
2004年10月
王位継承
シハモニ新国王戴冠式、10月29日プノンペン。
2004年9月
アンコール
遺跡周辺で道路修復(プレループ、バンテアイクデイ、クラヴァン、バンテアイスレイ)
書籍
「悲しきアンコール・ワット」集英社新書
三留理男著 、集英社。
「ポル・ポト<革命>史 虐殺と破壊の四年間」  講談社選書メチエ 山田寛著、講談社。
「クメールの遺跡に魅せられて」飯田和美著、文芸社刊、1400円。9月15日発売。
2004年8月
空港
プノンペン国際空港で滑走路拡張工事が終了。全長3200m、幅45m。ジャンボ機発着可能に。
2004年7月

文化財保護・修復
文化庁が全国の大学や博物館などが持つ文化財保護や修復のノウハウを集約し、海外での文化財修復などの国際協力に生かす官民合同の組織「文化財国際協力コンソーシアム(仮称)」を設立。2005年度予算の概算要求に盛り込む。
出入国
カンボジアの出入国カード変更。内容に大幅な変更はなく、古いものも従来通り使えると思われる。

タイ

バンコクに地下鉄開通。
フアランポン駅とバンスー駅の間約20kmを18駅、約30分で結ぶ。運行時間は05:00〜24:00。
遺跡
アンコールワット西門にあるヴィシュヌ神立像の修復作業が終了し、従来のレプリカからオリジナルに復旧。

航空会社
マレーシア航空のシェムリアップ〜クアラルンプール線、シルクエアーのシェムリアップ〜シンガポール線就航。