2010年4月15日(木)発売のコミック誌『Fellows! volume10A』にクメール舞踊を題材とする作品、安住だいち作『祝福の舞』が掲載されています。

[作者からのメッセージ]
わたし自身が見聞きしたカンボジアを元に、
プノンペンの孤児院に住む少女の成長を描いたフィクションです。
踊りには様々な種類と、一つ一つに意味の込められた型があります。
あまりに奥が深く描き足りない部分が多々ありますが、
カンボジア舞踊の世界に
少しでも興味を持って頂ければ幸いです。

安住だいち

安住だいちのブログ『アズブログ』

出版社ENTERBRAINのサイト


topにもどる